今やアレグラは医療機関以外にも薬局などでも購入することができるようになり、処方箋を貰いに行く時間や余裕がない人でも簡単に入手できます。アレグラを購入する際の違いやメリット・デメリットはどのようになっているのでしょうか?

  • ホーム
  • アレグラとオレンジジュースの飲み合わせと脂漏性湿疹

アレグラとオレンジジュースの飲み合わせと脂漏性湿疹

アレグラはオレンジジュースやグレープジュースなどと同時に飲むと、アレルギーを抑制する効果が弱まるとされています。
ジュースなどではなく水で服用することが大切で、オレンジジュースを飲む場合には4時間程度の間隔を空けないとアレグラの吸収率が20%から40%程度低下するので血中濃度が上がらずに効果が実感できない場合もあります。
オレンジジュースが胃の中に存在しているときにアレグラを服用すると混ざり合って効果を弱めてしまうので、オレンジジュースの成分が腸から吸収されてからアレグラを服用することで十分な効果を得ることができます。

脂漏性湿疹は顔や頭などにできることが多い湿疹で、赤ちゃんの場合には皮脂の分泌が盛んなために起きます。
成人の場合にはカビが原因となって脂漏性湿疹を起こしていることが多いので、ホルモンバランスを整えて、皮脂の量を減少させたり、ストレスや生活習慣の乱れを改善させることで脂漏性湿疹を改善させることができます。
汗をかきやすい男性に多いとされていますが、更年期を過ぎた女性にも多く、多くの場合は女性ホルモンの分泌が減少することで皮脂が過剰に分泌されて炎症を起こすとされています。

治療はステロイドの外用薬と抗真菌薬が基本となりますが、痒みが強い場合にはアレグラのような抗ヒスタミン薬を服用する場合もあります。
カビの発生は免疫力と関係しているので、体が疲れていて免疫力が低下していると脂漏性湿疹が出やすくなるので、睡眠時間を十分に確保して、ストレスや過労を避けるようにすると予防することができます。
アレグラはアレルギーによる痒みや鼻水、くしゃみなどの症状を抑えることができますが、アレルギーを完治させることはできません。

関連記事