今やアレグラは医療機関以外にも薬局などでも購入することができるようになり、処方箋を貰いに行く時間や余裕がない人でも簡単に入手できます。アレグラを購入する際の違いやメリット・デメリットはどのようになっているのでしょうか?

アレグラは空腹でも服用可能

春になると花粉症の症状に苦しめられるので、毎年ニュースで花粉の話題が出るたび、気持ちが暗くなる方は少なくありません。
花粉症の原因アレルゲンはスギ花粉が有名ですが、それ以外にもヒノキ花粉が飛びますし、スギの木が少ない北海道では、ハンノキやシラカバの花粉が飛ぶので、どこに行っても逃げられないような状況になります。
しかも花粉は春には多くなるものの、基本的には1年中どこかで飛んでいるので、いつでも花粉症の状態が続くという方は、常にマスクを着用して、室内には空気清浄器を設置しましょう。
さらにアレグラのような抗ヒスタミン薬があれば、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの辛い症状を乗り切れるので、病院へ行って処方してもらうか、個人輸入代行通販に注文することをおすすめします。

アレグラは花粉症によく効く薬ですが、ハウスダストやさまざまな食品アレルギーにも効くので、一家にひとつ常備しておくと安心です。
アレルギー症状はいつ起きるかわからないところが怖いですが、そばにアレグラがあれば、服用するだけで簡単に楽になることが出来ます。
薬の中には、空腹の場合は胃や腸へのダメージが大きいため、服用できないものもありますが、アレグラは空腹時でも服用可能なので、アレルギーを発症したらいつでも飲むことが出来ます。

基本的に副作用も少ない薬で、眠くなりにくいというのも大きな特徴になりますが、すべての人がそうではないので注意が必要です。
吐き気やめまい、嘔吐、頭痛、湿疹などの副作用が出ることもありますし、息苦しさや動悸、蕁麻疹などのショックが起こることもありますし、急な眠気を感じる人もいます。
アレグラが体質に合わない人には別の薬があるので、副作用があらわれたらお医者さんに相談しましょう。

関連記事