今やアレグラは医療機関以外にも薬局などでも購入することができるようになり、処方箋を貰いに行く時間や余裕がない人でも簡単に入手できます。アレグラを購入する際の違いやメリット・デメリットはどのようになっているのでしょうか?

  • ホーム
  • アレグラ服用と点鼻薬併用とスイカアレルギー

アレグラ服用と点鼻薬併用とスイカアレルギー

アレルギー性疾患の代表例としては、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、じんましん、アトピー性皮膚炎、ぜんそくが挙げられます。
近年は衛生環境の向上からかえってアレルギー性疾患が増加傾向にあるとも言われています。
中でもアレルギー性鼻炎は多くの人が悩まされるアレルギー性疾患の代表格です。
特に花粉症ではアレルギー性鼻炎が多く発現します。
このアレルギー性鼻炎に広く使用されている薬にアレグラという薬があります。

アレグラは抗ヒスタミン剤で、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンがその受容体に結合するのを阻害することでアレルギー性疾患の症状を改善していきます。
抗ヒスタミン剤は従来、眠気、口渇といった副作用の起こりやすい薬でしたがアレグラに関してはそういった副作用が起こらないことが特徴です。

アレルギー性鼻炎に対してはアレグラのような飲み薬の他に点鼻薬が使われることがあります。
点鼻薬はアレグラと併用可能です。
点鼻薬と併用することによって鼻炎に対する効果に相乗効果が期待できます。
飲み薬だけで効果が不十分と感じる場合には点鼻薬も併用してみましょう。

またアレグラはスイカアレルギーに対して効果がある薬です。
スイカアレルギーは食物アレルギーの一種です。
スイカの成分がアレルゲンと認識され、体内の肥満細胞を活性化し、ヒスタミンを大量に放出させます。
このヒスタミンが受容体に結合すると、じんましん、かゆみといった症状が現れます。
前述の通りアレグラはヒスタミンの作用を阻害するので、スイカアレルギーにも有効なのです。
ただし呼吸困難、血圧低下などアナフィラキシーショックのような重度のものとなるとアレグラだけでは効果不十分となります。

関連記事