今やアレグラは医療機関以外にも薬局などでも購入することができるようになり、処方箋を貰いに行く時間や余裕がない人でも簡単に入手できます。アレグラを購入する際の違いやメリット・デメリットはどのようになっているのでしょうか?

  • ホーム
  • 花粉症が出始めたらアレグラを服用し対策する

花粉症が出始めたらアレグラを服用し対策する

花粉症はアレルギーの一種です。
杉や檜の花粉が原因でアレルギー症状を起こし、鼻炎、目のかゆみ、皮膚のかゆみやその他の体調不良を起こす病気です。
最も症状が激しく出る季節は、杉は2月から4月にかけて、檜の場合は5月頃まで続きます。
3ー4ヶ月花粉症の症状が起こるので、1年のうち4分の1の期間がこの症状に悩まされます。

少しの花粉でも反応し、早い人では1月から症状が出始めます。
また、イネ科やキク科の植物に反応する夏や秋の花粉症もあり、この花粉症も持っている人は一年中花粉症に悩まされます。
もともと喘息やアトピー性皮膚炎を持病に持っている人は、同時期にその症状がよりひどくなります。

通年のアレルギーの方は抗アレルギー剤を常用する必要がありますが、杉と檜の花粉症は花粉量が増える前にアレグラの効果を一番良い状態にする必要があります。
アレグラの効果のピークは約1ヶ月で、花粉の時期にはその一番効く時を保つ必要があります。
少しの花粉でも反応する人は12月から、遅くても1月から飲み続けると不快な症状が抑えられ、より快適に花粉症の時期を乗り越えることができます。
途中で服薬を中断してしまうと薬剤の血中濃度が低くなり、十分な効果が得られません。

アレグラを飲むことで予防的な対策を立てることができますが、5ヶ月ほどアレグラを飲み続けることになるのでその間の薬の代金がまとまった金額が必要です。
毎日の花粉数をチェックし、自分の症状と比較しながら飲み続ける時期をなるべく短くすることで対策を立てることが少しでも費用を減らすコツです。
また耳鼻科や内科で診察を受け、症状がひどい場合には他の抗アレルギー剤や点鼻薬、目薬などを調節してもらい早く改善することも重要です。
いずれにせよ長期戦になりますので、精神的なストレスを溜め込まず外出時のマスクなどで予防して家にこもりきりの生活はやめましょう。

関連記事
アーカイブ
サイト内検索